車検の予約をする際にお勧めの方法

車検は大きく分けると二つに分かれます。まずディーラーや整備工場といった業者への依頼です。ほとんどの場合、この方法で行っているでしょう。費用は業者によって異なり、利用者の負担が少なく簡単です。もう一つの方法はユーザー車検です。自ら運輸局へ行って自分で車検を通す方法です。こちらは平日のみになりますが、費用を抑えることが可能です。ユーザー車検の予約は普通車と軽自動車で異なり、普通車の予約はインターネットのみ、軽自動車の予約は電話予約とインターネット予約となっています。ユーザー車検を初めて受ける方は午前中の予約がおすすめします。なぜなら、午後より比較的空いており、再検査等で時間を要したとしても、その日のうちに検査を終えることが出来るからです。予約は土日祝を除いた営業日の14日前からが原則となっています。

車検を予約するにあたっての注意点について

車検を予約する際の注意点についてですが、予約はある程度早めに余裕をもってすることが望ましいでしょう。特にディーラーや工場などの業者で行う場合は事前に連絡するようにしましょう。自分で行うユーザー車検の場合でも専門機関に早めの予約をするようにします。車検は有効期限の一ヶ月前から受けることが可能ですが、それによって次の有効期限の満了日が早くなることはありません。そして車検には、その方法を問わず揃えておく必要な物があります。必ず準備しておきましょう。特に費用が掛かる場合もありますので、どのくらいかかるかをしっかりと確認しておきます。車検の方法はそれぞれですので、事前に確認しておきましょう。面倒な車検ですが、もし車輌に問題が起きてしまったり、違反になってしまうと大変ですので、しっかりと点検してもらいましょう。

車検を予約する前にしておいた方がいいこと

車検を行う前に、事前に必要な書類を揃えておく必要があります。特に費用を抑えられるというメリットのあるユーザー車検ですが、予約して自分で車検を行わなければいけません。また必要書類も多いので、用意しておきましょう。まず、自動車検査証、自動車税納税証明書、定期点検整備記録簿、自賠責保険証明書、の期限内のものと新しいもの、継続検査申請書、継続検査申請書、自動車検査票、自動車重量税納付書、そして必要経費より余分に持参しましょう。 他にも認印 、鉛筆 、ボールペン 、予約番号の記載された紙 、リサイクル券などです。これらのものを用意してから、予約することでスムーズにユーザー車検を行えます。更に重要になってくるのが事前点検です。当日の車検をスムーズに行えるようにある程度整備しておくとよいでしょう。車検の時期がまだ先だという方も安全な運転の役に立ちます。整備自体は業者を利用してもよいでしょう。

弊社は車検実績100万台を達成し、安くて分かり易い価格で、最短45分の速さで車検を進め、笑顔と丁寧な対応をし、快適に過ごして頂けるお店です。 ストレスフリーで車両点検致します。 費用と時間の無駄を省いた車検を実施しております。 分かりやすい検査説明が評判です。 車検は、最短45分の速さを誇り、丁寧な対応、わかりやすい価格を心がけております当社に是非おまかせください。 車検の予約は余裕をもって車検の速太郎へ