車検の予約をするのを避けた方が良いのはこんな業者

車検の際には、最低限必要となる法定費用だけでも、小型乗用車で5万円近くかかります。そのため、少しでも安く車検費用を抑えたいと考えるものですが、車検は通したことで安心が得られるものである必要があります。割引特典やサービスばかりに注目するのではなく、近いうちに必要になってくる整備があれば的確に説明してくれる良心的な業者を選ぶことが大切です。良心的な業者かどうかを見極めるためには、予約前に見積もりを取って比較してみるのがよいです。必須点検項目、推奨項目、依頼項目等に分かれていて、分かりやすい見積もりであれば、どの項目を追加で整備してもらうかどうかなど、検討がしやすくなります。分かりにくい見積書で適当に任せてしまうと、後から高額な費用を請求されるということになりかねません。また、説明を面倒がるような対応にも、注意した方がよいです。

車検を予約する期間を逃さないようにしましょう

車検とは車に整備不良がないか点検するもので、最終的には陸運局で判定されます。新車の場合は、車の購入・登録日から3年後が車検の有効期限満了日になります。その後は2年ごとに満了日を迎えます。この車検の満了日までに更新を行わないで運転をしていると、道路運送車両法違反となるので、発覚した場合は罰則が科せられます。自動車損害賠償保障法違反も加わりかねません。車検は満了日の1か月前から予約することができますが、早く車検をしたから、次の満了日も早くなるということはありません。満了日の1ヶ月以上前に車検を行った場合には、次の満了日が早まることがありますが、満了日までの1か月間の間に車検をした場合は、車両登録したときの満了日が次回の満了日になるので、余裕をもって車検を受けるのがよいです。

車検後に困らないよう、賢く車検の予約をしましょう

車検は、陸運局に直接予約して申し込めば、法定費用だけで済ませることができます。しかし、整備不良が見つかった場合には、修理し直して再度持ち込まなければならないので、車検満了日に間に合わないという問題が発生してしまうこともあります。車の整備に詳しくなければ、専門業者に依頼をする方が問題なく車検を迎えられます。車検の代行と車検に備えた整備点検を行ってくれる業者には、ディーラーや整備工場、ガソリンスタンド、車検を専門に行っている車検業者があります。ディーラーは、販売している車種の整備について熟知しているので、費用は高めになりますが、安心して委ねられます。少しでもお得な業者に持ち込みたい場合は、車検後にまもなく部品交換や修理が必要になる可能性についても知らせてくれる業者を選ぶようにすると車検後のことも考慮して申し込むことができてよいです。