業務の効率化に役立つ輸配送進捗管理

輸配送進捗管理とは倉庫から出荷された後の輸送及び配送に関して、届け先へと届くまでを管理することを指します。届け先に配送が完了する日時だけでなく、その進捗状況まで管理することによってより確実に届けることが可能になります。万が一、事故や災害などが発生した場合にもその状況をすぐに把握できることから、いち早く対応策を講じることが出来ます。また、届け先の住所変更や長期の不在に関しても素早い対応が必要になりますが、輸配送進捗管理ではリアルタイムで対処することが出来るので安心です。再配達を手配したり、住所の修正を行ったりすることもドライバーの報告を待たずに行えます。最近ではGPSの精度が上がっているので配送途中でのルート変更はもちろん、道路環境によって配送の順序を逆にしたり、別の倉庫の集荷をさせたり、その都度判断できます。

輸配送進捗管理でコストカットに売り上げ増大

輸配送進捗管理のシステムを導入することはコストの削減にもつながります。なぜなら、運送業は個人の裁量に任せている面があるので、状況が少しでも把握できれば効率よく仕事を回すことができるようになるからです。輸配送の進捗具合によって、他の運転手と手分けして仕事を終わらせたり、次の日の輸配送のスケジュールを決めることができるようになります。もはや個人の裁量に任せる時代は終わりました。管理者にとってこれほど助かるものはありません。効率よい輸配送はさまざまな面でコストをカットすることになりますし、売り上げを伸ばす機会を得ることになります。また、運転手も管理されているという意識を持つのでだらだらと仕事をするということも減ってきます。いかに効率よく回すか自分達でも考えるようになってきますのでシステムでの管理は欠かせません。

輸配送進捗管理の利用で効率化を図る

輸配送進捗管理を導入する利点としては、配送ドライバーの位置情報を事務所から確認することで、効率化を図ることが目的としています。現在、配送業者の競争を激しいので、いかに効率よく届けることが出来るかが重要です。今は、時間指定が出来るショップも多く、日時を選択する方も多くなることから、積み込む時にも、工夫が必要ですね。ルート配送ですと、毎日同じ時間に届けることになるのですが、道路事情によって、遅れることがあると、トラックの中にあるシステム機器に警告の表示が出るので、ドライバーの仕事の効率を向上する狙いがあります。そのための対策として、出発する時間を早めるなどすると、適切な時間に届けることが出来るので、輸配送進捗管理システムを活用することは、とても重要なことですね。このことは、事務所でも把握していることから、どうしても時間内に届けられない社員に対し、指導を行なうこともあります。