輸配送進捗管理でサービス向上につなげる

配送業を行うとき、荷主から現在の位置の確認を受けることがあります。予定通り運行していても、もう少し早く来てほしいなどのことがあります。また、遅れているときにどれくらいで到着するか教えてもらいたい場合があります。輸配送進捗管理を導入することで、荷主からの回答を素早く行うことができます。これまでであれば、荷主からの電話をいったん切り、ドライバーに電話をして確認をする必要がありました。その情報を荷主に伝えるため、リアルタイムの情報を伝えられないこともありました。システムによって、地図情報から今の位置を知ることができます。それをドライバーに確認することなく直接荷主に伝えられます。つまりはリアルタイムの情報を伝えることができます。荷主への信頼も高めることができますし、ドライバーに対しても確認のための負担を減らすことができます。

輸配送進捗管理を行うメリットはたくさん

輸配送を行うにあたってもっとも重要なのは、荷主との間で構築される信頼関係です。これまでずっと信頼され、利用されてきたことによって築き上げてきた良好な関係が、たった一度の遅延によって一瞬にして崩れ去ることもあります。もっとも大きな理由は、信用できないという気持ちです。預けた荷物がきちんと届かないとなれば、何をもって信頼すればいいのかわからないと言っていいでしょう。そんな事態を避けるためにも、輸配送進捗管理を十分に行うことが求められています。仮に輸配送に遅れが生じたとしても、その事実を把握しているのであれば、荷主からの信頼が崩れることはありません。むしろ、細かな把握ができていることに対し、これまでよりもさらに信頼度が増す結果となるでしょう。輸配送を手掛けるなら、輸配送進捗管理システムは不可避な時代と言っても過言ではありません。

輸配送進捗管理サービスを利用するメリット

輸送業界としては、いかにして無駄なコストを省けるかを常に考えているものであります。また、輸送サービスの向上化にも努めています。近年は、輸送業界では輸配送進捗管理のサービスを導入する企業が増えてきています。このサービスを導入することでどのようなメリットが生まれるのかと言いますと、まずは1つ目のメリットは荷主様から今荷物はどうなっているのかといった状況の問い合わせや万が一荷物の輸送の際に遅延トラブルが起こった場合に素早く対処できることであります。輸送進捗から到着予測まで、そして渋滞状況についてもリアルタイムに情報を把握することが可能となりますので、その結果として遅延が発生した場合でも荷主様に対して、スピーディに遅延対策を前もって取ることが可能となります。2つ目のメリットは、効率的な輸送ルートを導き出せることでコスト削減ができることです。過去の輸送履歴を簡単に確認ができますので、その情報から最短のルートを導き出せることで無駄なコストを削減することができます。