輸配送進捗管理システムの導入で管理ラクラク

物流網がしっかりと確立された今の日本ですが、それゆえに指定した日に届かないとか、届くまでに日数がかかると、多くの人が不安に感じるようになりました。依頼した荷物はどこに向かっているのかを知りたいという問いあわせは、物流会社には連日のようにあることでしょう。日本全国を駆け巡っている輸配送業者であれば、そのトラックの運行管理だけでも非常に大変な仕事です。輸配送管理の仕事には経験と知識が求められますが、そのスキルにはばらつきがあり、会社の信用を落としかねない人員配置になってしまう可能性もあります。そんな場合に効果的なのが、輸配送進捗管理をシステム化してしまうことです。これによって運行管理者はGPSから発信される車の動きをマップ上で追い、異変があれば連絡を取り合うことで常に状況把握が可能になり、管理業務が大幅に楽になります。

輸配送進捗管理で次の配送依頼が可能

運送サービスでは、あらかじめ決められたルートを配送する場合もあれば、その都度依頼を受けて配送する場合もあります。その都度依頼を受ける場合、依頼を受けた時に開いている車がいなければいけません。離れていたりすれば、そこまで行くのに時間がかかります。輸配送進捗管理を利用することで、次の配送依頼がしやすくなる場合があります。今のトラックの状況が把握できているので、もうすぐ到着する、今荷下しをしているなどがわかります。その状態を見て依頼を受けられるかどうかがわかります。以前であれば、ドライバーの連絡を待たないと次の依頼ができませんでした。また、ドライバーに所定の場所で待機してもらう必要がありました。ドライバーに配送や荷下しなどの業務をしてもらいながら、最も近いトラックを配車することができます。迅速性も高まります。

輸配送進捗管理で最大のトラブルを排除

輸配送業務を行うにあたってもっとも多いトラブルは、届くはずの荷物がまだ届かないというものでしょう。いつ届くのかという日にち指定はもちろん、その日の何時ごろという時間指定までできるようになり、さらにはそれが当たり前となった今、世界的に見ればこれがどれほど優秀なことなのかに多くの人が気づいていません。むしろ、指定した日の指定した時間に届くことが当たり前なので、少しでも遅れるとやきもきしてしまいます。ひいては荷主からのクレームともなりかねない遅送は、輸配送業者としては絶対に避けたいところです。そのため、輸配送進捗管理はシステム化し、見えるようにするのがベストです。マップ上に輸配送中の車両を映し出すことができれば、仮に当初予定のルートが何らかの事情で走れなくなり、結果的に遅延が発生しても、速やかに荷主に伝えることができます。連絡さえあれば、荷主も安心して待っていられるでしょう。